softball-1354947_640
1:
今季限りでの退任が決まっているDeNAのアレックス・ラミレス監督(46)は残り2試合となった時点で腹案を固めていた。
「細川を4番にする」。イースタン・リーグで13本塁打、53打点、出塁率4割4分8厘で“3冠”となった4年目・細川成也外野手(22)を4番に据えることだった。
 抜てきの理由について指揮官は「1軍でも40本を打つ能力は間違いなくある。近いうちに4番でこのチームを背負っていくと思うので、その意味で」と期待を込める。
だが、現実は厳しかった。この日は「4番・右翼」で名を連ねるも、初回1死一、二塁のチャンスで見逃し三振に始まり3三振。9回こそ右前打を放ったが、チームは0―1で敗れ今季の負け越しも決まった。
 それでもラミレス監督は「機会を与えた時に必ず打ってくれるわけではないので仕方ない」と責めることはしなかった。今季最終戦となる14日の巨人戦(横浜)こそ期待に応えたい。

引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1685242477/

3:
稀代の名将ラミレスもまさか中日の4番を背負うことになるとは夢にも思わなかっただろうな

4:
2年間ファームではどうだったん?

5:
現役ドラフトってすげえいい制度だな

6:
>>4
無双 OPSは平均.9くらい タイトルもとってる

・SP
7:
>>5
能力のあるチームが才能使い潰してるやつを覚醒させることのできる制度

8:
三浦監督時代の細川はバット振らんかったし使われないのも残当

10:
DeNAに居て覚醒してたか?まるっきりフォームが別もんやん

16:
ラミって見る目はあるけど覚醒条件は理解してないから滑稽に映ってしまって悲しい

17:
ばんてふは最初代打の切り札的ポジションで使ってたけどバット振らずに追い込まれて三振かポップみたいな打席ばっかりやったわ

20:
2年間でソトに860打席楠本に450打席与えて細川には60打席しか与えないのマジで終わってる

21:
>>16
佐野も覚醒させたぞ

方法は単純「打席を与え続けること」
三浦はそれすらできなかった 1軍にあげても干し続けて1週間後くらいに代打

そんな使い方で打てるわけないだろ